ヘッダー画像

学力向上につながる実行機能は運動によって効果的に高められます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳の司令塔である前頭前野では「実行機能」を司っています。

実行機能とは、目標に到達するために思考や行動を

コントロールする機能です。

IQ(知能指数)は聞いたことがある方が多いと思いますが、

最近はこの実行機能の方が学力の向上につながっていると言われています。

 

この実行機能は、運動をすることで機能が高まります。

特に小さい時に運動を好きになっておいて、小学校2,3年生頃に

たくさん運動量が確保できるようにしてあげると、

4年生頃から一気に学力が伸びるというデータがあります。

 

そして、この子ども達を分析してみると、「持久的な運動能力」

という運動量に比例しているということがわかっています。

つまり、体を動かしてきたかどうかということが学力と深く

関わっていることになります。

 

できるだけ小さいうちから体を動かすことを習慣付け、

将来につなげていけるように、まずは運動を好きになれるような

働きかけが何より大切です。

 

こどもプラスで提供している柳沢運動プログラムは、

保育園・幼稚園の未満児クラスの子ども達でも行なうことができ、

子どもの年齢や発達段階に合わせて提供していくことができます。

 

今日はその運動あそびの中から「クマの姿勢で足じゃんけん」を

ご紹介します。

 

子ども達は2人ペアになり、向かい合ったら

四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんに変身します。

そして顔を上げてお互いに相手を見ながら、

掛け声に合わせて足でじゃんけんをします。

 

足じゃんけんの形は、両足を閉じて曲げ、しゃがんだ姿勢がグー。

片足を曲げてもう片方の足は後ろにまっすぐ伸ばした姿勢がチョキ。

両足を伸ばして左右に広げた姿勢がパーです。

 

じゃんけんをする時には、腕でしっかり体重を支えて

軽く足でジャンプをして行なうので、

腕の支持力、下半身を持ち上げる腹筋・背筋力、

倒れないように空中でバランスをとる力などが強く養われます。

 

この遊びでは上半身と下半身の連動がポイントになります。

これができるようになってくると、

鉄棒・跳び箱・側転といった運動の上達につながります。

また、じゃんけんのタイミングを相手と合わせることや、

じゃんけんの形を相手に見えやすいようにはっきり作るように

意識することなどで、社会性の部分も育てていくことができます。

 

慣れてきたら、じゃんけんから他の動きにつなげるなど

いろいろな遊び方で、繰り返し遊べるようにしていきましょう。