ヘッダー画像

運動も学習も繰り返すことで定着するので、毎日の継続が大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動をしたり、何かを学ぶということはある意味「記憶」です。

1度やっただけでは覚えられません。

何度も見たり書き写したりという繰り返しを通して

それが力になっていくので、繰り返すことがとても大事になります。

なので、運動あそびも毎日少しの時間でも良いので

繰り返しやっていただくことが大事です。

 

 

こどもプラスが提供している柳沢運動プログラムの

運動あそびの中から「ミニハードル走り」をご紹介します。

 

子どもの膝くらいの高さのハードルを複数並べてコースを作り、

子どもは走りながらハードルを次々に跳び越していきます。

ハードルがない場合は椅子の足などにゴム紐をくくりつけるなどして

代用してください。

 

スムーズに進んでいくためには、つま先で走ること、腕を振って

走ること、ハードルの前で一旦止まらないこと、両足ジャンプでは

なく走りながら跳んでいくことがポイントになるので、

最初に見本を見せながら伝えておきます。

また、ハードルの高さに合わせてジャンプの大きさを調節することも

大事なポイントです。

 

繰り返し行ない、空間認知力やハードルの高さに合わせて

体の動きをコントロールする力をつけていきましょう。

 

また、慣れてきたらコースを直線だけでなくカーブのある

コースにしてみるなどのアレンジもおすすめです。

子ども達に合わせて無理なく楽しめるように提供してみてください。