ヘッダー画像

メリハリのある活動で脳の司令塔、前頭前野が育ちます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびを提供する時は、まず子ども達が楽しいと

感じながらできることが大切ですが、全体の中で「メリハリをつける」

ということも大事なポイントです。

 

楽しいからといってずっと盛り上がっていては場がまとまらず、

怪我のリスクも高まります。

全体を通して「動く」と「止まる」をうまく取り入れてあげることで

活動にメリハリが生まれ、子ども達の集中力や抑制力を育てることに

つながります。

 

みんなで楽しく動く時は思いっきり動いて遊び、

先生が説明をする時は、静かに体を止めて聞けるように

わざと小さな声で話してみたりするなど、工夫しながら

運動あそびの効果を高めていきましょう。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳沢運動プログラムから

「縄越えカンガルー連続跳び」をご紹介します。

 

子どもの膝くらいの高さのゴム紐を、間を空けて4~5本設置します。

その縄に引っ掛からないように、両足を揃えたカンガルージャンプで

連続で跳び越えていきます。

最初のうちはゆっくり跳んでいければ良いので、

足がバラバラにならないように意識しましょう。

 

膝の高さの障害物を越えるためには大きなジャンプが

必要になるので、両腕をタイミングよく振って跳んでいきます。

着地ではかかとをつけずにつま先立ちで、

膝を曲げることで全身のクッションをうまく使いましょう。

 

慣れてきたら、素早い身のこなしができるように

制限時間を設けて行なってみてください。

時間が限られることで、子どもに体を効率よく動かそうという

意識が生まれ、体重の微調整などが上達します。

また、急ぐことで足がバラバラになりやすくなるので、

抑制力や集中力も刺激することができます。

 

どうしても足がバラバラになってしまったり、時間制限が

あることに怖さを感じてしまうような場合は、

確実に成功できる秒数で行なうなどしながら進め、

楽しいと感じながら行なえることを大事にして

少しずつステップアップを目指していくことが大切です。

 

こうした遊びも、全体がだらだらしてしまわないように

メリハリを大切にして行いましょう。