ヘッダー画像

幼児期の運動は認知機能の向上、学校の成績や人間関係にも影響してきます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動を日常的にしている子は認知機能が高く、成績もよく、

コミュニケーション能力も高いということがわかっています。

幼児期からの運動経験や体験が小学校高学年からの成績や

人間関係にも関わってくるので、小さなうちからできるだけ

たくさん体を動かして遊び、多くの経験ができるように

働きかけていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳沢運動プログラムは、

0、1歳児からでも取り組める運動あそびが揃っています。

今日はその運動あそびの中から「平均台の上から魚釣り」を

ご紹介します。

 

まずは事前に魚と釣竿を作って用意しておきます。

魚には磁石や洗濯ばさみなどを付けて、竿で釣れるようにして

平均台の周りにばらまきます。

そして、1人ずつ平均台の上から釣竿を垂らして魚釣りをします。

 

平均台から落ちないようにバランスをとりながら

上手に魚釣りをするには、空間認知力と身体運動を

組み合わせることが必要になります。

また、姿勢を保持するためにつま先の踏ん張り力やバランス力、

そして集中力も強く養われます。

 

最初は立ったままで行ないますが、慣れてきたらしゃがんだ姿勢で

挑戦してみましょう。

魚の位置を遠くに離すことでも難易度調整ができます。

 

子ども達の様子に合わせて難易度調整をしながら、

遊びを発展させ、少しずつ能力アップを目指してみてください。