ヘッダー画像

子どもの運動ではゲームや遊びの要素をプラスすることがポイントです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「運動」というと、厳しいとか苦しいというイメージや

トレーニングのように思われがちですが、

子どもの場合は自ら喜んで体を動かす「あそび」であることが大事です。

 

こどもプラスが提供している柳沢運動プログラムは、

四つんばいで膝とお尻を上げて歩くクマ歩きや

しゃがんでジャンプするカエルジャンプ、

両足を揃えて跳ぶカンガルージャンプなどの動物の動きに

色・数・形などの要素を加えて、ゲーム感覚で遊ぶことが

できるように工夫して提供しています。

 

他にも、年齢や発達段階に応じたアレンジをしていくことで

体の発達はもちろんですが、判断力・思考力・集中力・記憶力などの

脳の機能も向上し、人と合わせたり相手を思いやる心など

社会性や協調性もしっかりと育てていくことができます。

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から逆上がりの習得に

つながる遊びの「忍者前回りキック」をご紹介します。

まず鉄棒につかまって跳び乗り、肘を伸ばして背すじを伸ばし、

足をまっすぐ揃えたら顔を前に向けます。

そこから肘を曲げてゆっくり体を前に倒していき、

ゆっくりと前回りをします。

そのまま着地せずに、空中に浮いた状態で両足を揃えて

前にある目標物に向かってキックをします。

 

前回りの後にしっかり回転をコントロールするためには、

最後まで肘を曲げて腕に力を入れておくことと、

お腹と太ももで鉄棒をしっかりと挟むことが大事なポイントです。

 

そして、ぶら下がりながら両足キックをするためには

腕の力だけでなく、足を持ち上げる腹筋や足を閉じておく

内股の筋力も必要になります。

 

回転しながら腕に力を入れておくのは難しい場合があるので、

必要に応じて腕に力を入れるタイミングの声掛けや

お尻を支えてあげる補助などを行ないます。

 

子ども達の年齢や興味などに応じたルール設定・アレンジで、

子どもが自主的に運動あそびに取り組めるようにし、

より効果的な運動あそびの時間にしていきましょう。