ヘッダー画像

運動は集中力・注意力・抑制力を高め、心も育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

柳澤運動プログラムを取り入れていただいている保育園・幼稚園の

園長先生から

「体を動かすことが嫌いだった子どもが運動が好きになった。」

「集中力がついて、話をちゃんと聞けるようになった。」

「キレにくくなり、子ども同士のトラブルが減った」

など多くの声をいただいています。

 

運動あそびをするには、まず大人の話を聞いて内容を理解し、

そのために筋肉をどう動かすか脳が判断して指令を

出さなければいけないので、集中力や注意力が求められます。

また、ルールを守ったりタイミングを合わせるなどのことで

抑制力が養われたり、相手に共感する力も育てることができます。

 

子ども達の発達段階に合わせて、今身に付けるべき力を見極めながら

運動あそびを提供していくことで、効果的に力を育てていくことが

できます。

 

今日は、柳澤運動プログラムの中から「合図で順に前転」を

ご紹介します。

 

マットを横につなげて敷き、子ども達はマットの横に

一列に並びます。

そして全員で両手と頭をマットについて前転の

準備姿勢をとります。

指導者の合図で、端の人から1人ずつ順番に前転をしていきます。

 

1人ずつ順番に、ということがわかりやすいように

指導者は順番にお尻を触ってあげたり、「1番、2番、3番・・」と

順番を呼んでいく、笛や手たたきで合図を出すなどしてあげると

やりやすくなります。

 

スムーズに1人ずつ前転をしていくためには、

常に隣の人の動きに意識を向けておかなければいけません。

この時も前転の準備姿勢のままなので、普段よりも強い

集中力や判断力が必要になります。

 

最初から最後までスムーズにできると、大きな達成感を

 

感じることができる遊びなので、

 

1回目に右からスタートしたら、次は左からスタートする、

順番を入れ替えてやってみたり、指導者の合図なしでやってみる

など、少しずつステップアップさせたり変化をつけながら

繰り返し遊んでみてください。