ヘッダー画像

子どもが多くの体験・経験ができるようにまずは動ける体を作っておくことが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近は、保育園や幼稚園で子ども達が「転びやすい」「疲れやすい」

「怪我をしやすい」という声をよく耳にします。

 

今の子ども達は、保育園や幼稚園に入園するまでの

体を動かす経験が不足していることが多く、中には入園するまで

ブランコや滑り台などで遊んだことがないという子もいます。

そのため、なかなか体力やスムーズな身のこなしなどが

身につかず、様々な影響が出ています。

 

幼児期は体・心・脳を育てるのに最も重要な時期です。

より多くの体験や経験ができるように、まずはそのための体力や

動ける体をつくっておかなければいけません。

ぜひ日常的な運動あそびで、子ども達の基礎力をしっかりと

養っていきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳沢運動プログラムから

「ジグザグかけっこ」をご紹介します。

 

床に縄やテープで幅のあるジグザグのコースを作ります。 

スタートの合図で、後ろから指導者が追いかけるので

子ども達はこのコースの中を走って逃げます。

この時、コースからはみ出さないようにすることがポイントです。

 

ジグザグコースをはみ出さないように進むためには、

コースをよく見て先を読みながら動き、それに合わせてしっかりと

体の動きをコントロールする必要があります。

左右に方向転換する時には、先に下半身を切り返してから

上半身を進行方向に向ける動作になりますが、

これが素早くできるようになると、スムーズにジグザグに進んでいく

ことができ、巧緻性を高めることにつながります。

 

慣れてきたら、ジグザグの角度のきついところを作ってみたり、

コースの線をコーンを一定間隔で置いて作るのもおすすめです。

 

こうすると、空間認知力を強く養うことができます。

 

運動量もしっかりと確保できるように

コースの長さも少しずつ長くしていきながら、最終的には

10~15メートルほどの距離でできるようにしてみてください。