ヘッダー画像

無気力・イライラしている子ども達には運動あそびが効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近、保育園や幼稚園の子ども達が朝からボーっとしていたり、

一日中ごろごろしているという声や、

常にイライラしていて子ども同士の喧嘩が絶えないというような声を

よく聞きます。

 

そんな中で注目されているのが「運動あそび」です。

こうした子ども達に運動あそびを取り入れてあげることで、

注意力や抑制力が高まり、相手を思いやる心も育まれます。

 

毎日少しの時間でも良いので、継続的に体を動かせるように

楽しい運動あそびを提供していくことがポイントです。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「忍者ゲーム(座る・跳ぶ)」をご紹介します。

 

子ども達は忍者に変身して、5人くらいずつ一列に並びます。

指導者は侍になり、新聞紙やタオルなどで作った刀で

子ども達の頭と足の部分に攻撃をします。

 

「頭」と言った時は頭の上をその刀でスイングするので、

子どもは刀に当たらないように両手で頭を押さえてしゃがみます。

「足」と言って刀で足元をスイングさせたら、

ジャンプして避けます。

 

子ども達は、「頭」なのか「足」なのかをよく聞いて

素早く動くことがポイントです。

集中力、判断力、聞く力が強く養われる遊びで、

相手に意識を向けることでコミュニケーション力も向上します。

 

慣れてきたら「頭」と「足」をランダムにしたり、

スピードアップしてみる、指示を出す時に

「足じゃない方」などの言い方で難易度を上げながら

遊びこんでみてください。

 

楽しい運動あそびでは、子ども達も夢中になって体を動かすことが

できるので、遊びの導入、設定やルール、アレンジなどで

工夫をこらしながら提供していくことが大きなポイントになります。