ヘッダー画像

2歳頃では言葉の発達をさらに促すための言葉掛けが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは2歳頃になると、おしゃべりも活発になってきます。

大人の使う言葉の意味を理解したり、真似をするようになるので、

いろいろな言葉を使って話しかけることを大事にしましょう。

また、言葉でのコミュニケーションがとれるようになってきたとは

いっても、まだ自分の気持ちをうまく言葉にするのは

難しいので、子どもの気持ちを言葉にしてあげたり

行動に伴う声掛けをしてあげることも大切です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

言葉の発達も効率的に促すことができます。

いろいろな言葉と表現で子ども達の言葉の発達を

促していきましょう。

 

今日は柳澤運動プログラムの「お便りコウモリ(着地指定)」を

ご紹介します。

 

まずは鉄棒につかまってぶら下がり、両手の間に足をかけて

逆さまのコウモリになります。

コウモリの姿勢から足を離して顔の方に近付けていき、

足をまっすぐ伸ばした状態にします。

そこから顎を開いて着地位置を確認し、ゆっくり着地します。

着地位置にはわかりやすく目印をつけておきましょう。

 

降りることだけに意識が向いてしまうと勢いよく回転して

落下したり、肩に負荷がかかって脱臼などの怪我に

つながりやすいので、ゆっくり回転するように伝えます。

そのためには着地位置をしっかり確認することがポイントです。

色のついたテープなどでわかりやすく印をつけておきましょう。

 

また、鉄棒から足を離す時に腹筋や背筋に力が入っていないと

勢いよく回転してしまいやすいので、お腹に力を入れて

回転をコントロールする意識も大切です。

 

 

慣れてきたら少しずつレベルアップできるように、

いろいろなアレンジや工夫をして遊べるようにしていきましょう。