ヘッダー画像

園庭がなかったり狭くても工夫次第で運動量の確保は可能です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

保育園や幼稚園の中には、園庭がなかったり、狭くて使いづらい

という園もあります。

子ども達が思いっきり体を動かして運動量を確保するためには、

もちろんある程度の広さがあるに越したことはないですが、

狭い園庭や屋内でも、工夫次第で子ども達の運動量は確保できます。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

屋内で裸足になって行なうのがおすすめの遊びが多くあります。

そして、狭い場所でもやり方を工夫することで

しっかりと運動量の確保をすることができます。

 

例えば、四つんばいから膝とお尻を上げて前を向き、

さらに片方の足を後ろに上げて歩く片足クマ歩きは、

全員が同じ運動量でできるようにやろうとすると

それなりに広い場所が必要になります。

 

そこで、この片足クマ歩きで前に進むのではなく、

その場で手を軸にして片足でジャンプしながら

時計回りに回るようにすると、一度に全員が行なうことができて

子ども達も長時間並ばなくて良いので満足できます。

 

また、運動あそびの時間以外でもできるように

廊下にクマさんの足形を描いておき、移動の時間はクマ歩きで

行くようにしたり、リズム室から教室に戻る時に出口で

先生と1人ずつジャンプのハイタッチをしてから戻るなど、

いろいろな方法があります。

 

子ども達が日々十分に体を動かすことができるように、

環境に合わせた工夫をしながら運動量の確保をしていきましょう。