ヘッダー画像

運動あそびで基礎的な力を養い、運動の効果を高めていきましょう。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

大人でも子どもでも、体を動かすと気分転換ができて

その後のやる気や意欲、集中力が上がります。

そして生活面、学習面など日常のあらゆる活動に前向きに

取り組む気持ちにつながります。

 

また、運動が得意な友達、上級生や先生を見て

「自分もできるようになりたい」「もっと上手になりたい」と

目標を持って努力することや、それを達成した時の

達成感や満足感は子どもの大きな自信につながります。

 

まずは基本的な力を身に付けて、体を思い通りに動かすことが

できるように、楽しく運動あそびを取り入れていきましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「忍者前回りキック」をご紹介します。

 

まず鉄棒につかまって跳び乗り、肘を伸ばして背すじを伸ばし、

顔を前に向けます。

そこからゆっくり体を前に倒していき、肘を曲げたまま

ゆっくりと前回りをします。

そして着地はせずに、空中に浮いた状態で両足を揃えて

前にある目標物に向かってキックをします。

 

回転をコントロールするためには、肘を曲げて腕に力を入れて

おくことと、お腹と太ももで鉄棒をしっかりと挟むことが

大事なポイントになります。

 

そして、ぶら下がりながら両足キックをするためには

腕の力だけでなく、足を持ち上げる腹筋や足を閉じておく

内股の筋力も必要になります。

 

必要に応じて腕に力を入れるタイミングの声掛けや

お尻を支えてあげる補助などを行ない、

失敗経験を減らしながら足りない力を遊びの中で

補っていけるように工夫していきましょう。