ヘッダー画像

体を動かさないことで土踏まずが未形成な子が増えています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達の足裏にある「土踏まず」は、生まれつき備わっているものではなく

足の筋肉を使うことで形成が促され、本来は5~6歳でほとんどの

子どもに形成されるものです。

ところが、今の子ども達ではこの土踏まずの形成率が低くなっていて、

約半数の子ども達が土踏まずが未発達だといわれています。

 

土踏まずは立っている時のバランスを保ったり、

足の重心移動や蹴り出しで役立ったり、足裏への衝撃を和らげるための

クッションの役割も果たします。

 

土踏まずを発達させるためには、日常的に歩いたり走ったりして

足の筋肉を使うこと、足の指先をしっかり使えるように

できるだけ裸足での活動を増やすことが大切です。

 

こどもプラスでは運動あそびをできるだけ裸足で行なうことを

推奨し、足の指先や足裏をしっかり使えるようにしています。

 

私達が提供している柳沢運動プログラムから

「新幹線片足クマ」をご紹介します。

 

まず、片足クマ歩きは四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの

姿勢から片方の足を上に上げて、両手と片足の3本足で歩く動きです。

この片足クマ歩きがスムーズにできるようになったら、

新幹線のように速く進んでみてください。

 

片足クマでのポイントは、両手はしっかりパーに開いてつくこと、

顔を前に向けること、足は高く上げること、上げた足はまっすぐ

伸ばすことですが、これらを意識しながらさらに

速く進むとなると、とても難易度が高くなります。

最初から全てを完璧に行なおうとせず、どれか1つのポイントに絞って

上達を目指していきましょう。

 

そして、ポイントを意識しながらもある程度のスピードで

進めるようになってくると、全身の連動性や身体コントロール力が

十分に身についてきていることになるので、

さらにいろいろなアレンジで楽しく遊べるようになります。

 

片足クマの動きは全身をバランスよく育てることができるので、

ぜひ継続して取り入れ、子ども達の「動ける体」を作っていきましょう。