ヘッダー画像

運動あそびで子ども達の「生きる力」を養います。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動指導では、子ども達の現在の姿に合わせながら

運動あそびを提供し基本的な力をまずは育てていきますが、

子ども達に基本的な力が身についてきたら

少しルール性のある集団あそびを取り入れてみてください。

 

友達と一緒に遊ぶということは、相手がいるので自分主導で

進めていくことができません。

相手が同調してくれなかったり、予想外の動きをしたり

邪魔をされたりする中で、我慢をしたり臨機応変に対応していく

力が必要になります。

 

運動に限らず、自分主導で世の中を生きていくことはできないので、

遊びの中でこうした力をしっかりと育んでいくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「ボール足挟み渡しっこ」をご紹介します。

 

子ども達は数人ずつのグループに分かれて横一列に並び、

体操座りをします。

そこから両手を後ろについて足を前に伸ばし、ボールを

両足の先で挟んで持ち上げたら、隣の友達に渡します。

受け取る人も足で挟んで受け取り、次々に隣の人に渡していきます。

 

この遊びでは、足の指先から腰までの下半身の連動を高める

ことができ、できるだけ高い位置でボールのやりとりをすることで

腹筋を強く刺激することができます。

また、隣の人が受け取りやすいように位置や渡し方、

タイミングなどを考えて行なうことで

相手への思いやりの心を育て、社会性の発達につながります。

 

スムーズに渡せるようになってきたら競争にしてみるのも

おすすめです。

友達と協力する大切さを感じたり、勝って嬉しい気持ち、

負けて悔しい気持ちなどを共有することも大切な経験です。

 

子ども達の発達段階に合わせた運動あそびで

子ども達が社会で生きていくために必要になる力を

しっかりと育てていきましょう。