ヘッダー画像

発達段階に合わせた運動あそびが子どもの意欲ややる気を育てます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもは本来、「学びたい」という意欲を持っています。

この意欲を最大限に引き出し伸ばしていくためには、

子ども1人1人の発達段階や運動能力、年齢などに合ったものを

提供することがとても重要なことです。

難しすぎても反対に簡単すぎてもダメで、子どもに合っていなければ

学習への意欲も興味もなくなってしまいます。

 

子どもが面白い、楽しいと感じながら取り組めるものだと

どんどん学習意欲が沸いてきて、飽きることなく自然と力を

つけていくことができるので、勉強でも運動でもそれを踏まえた

課題を提供することがとても大切です。

 

私達も日々そんなことを意識して運動あそびを提供しています。

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。

 

跳び箱に両手をつき、指はしっかりと開いておきます。

顎を開いて前を向いたら、手は固定したままで足を後ろに上げ、

空中で1~2回足打ちをします。

ジャンプする時は「1,2,3」の掛け声に合わせて行なうと

タイミングがとりやすくなり、リズム感を育てることにも

つながります。

 

この遊びで必要になる力、育つ力は、主に腕で体重を支えるための

支持力と空中でバランスを保つ腹筋背筋、身体コントロール力、

そして高所感覚です。

足を高く上げて足打ちができるようになると、跳び箱や側転で

余裕のあるふわっとした綺麗な動きができるようになります。

良い見本、悪い見本を繰り返しわかりやすく見せながら、

 

イメージを持ってできるようにしましょう。

 

地面ではなく跳び箱を使うことで跳躍姿勢が確保しやすくなり

難易度が下がりますが、勢いよく足を上げすぎたり、腕で体重を

支えきれなかったりすると落下してしまう可能性があります。

必ず、子どもの肩と胸を押さえる補助を行ない、

安全に楽しく遊んでみてください。