ヘッダー画像

「子どもたちの才能を引き出すには…パート①」脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指す

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指す

運動保育士会・こどもプラスの比田井です。

 

今年は例年以上の降雪があり、子どもたちにとって

嬉しい年になっていますね!

私たち大人にとっては…^^;

 

今回は子どもたちの才能を伸ばす○○説に

ついて2回シリーズでお伝えをしていきます。

 

子どもの才能を伸ばせる!

と聞くと、教材や塾・習い事・サプリメント

などを連想される方もいるかもしれません。

 

今回、お伝えする内容は物や教材は一切いりません。

子どもに関わる大人のほんのちょっとの変化で

子どもたちの才能を伸ばしていくものです。

 

それはズバリ!

【マズローの5段階欲求説】です。

アブハム・マズローはアメリカの心理学者で、

20世紀の心理学の領域で最も影響を

もった1人とされている方です。

 

【マズローの5段階欲求説】とは、

マズローが、人間の欲求を5段階に理論化したものです。

人間には5段階の「欲求」があり、1つ下の欲求が

満たされると次の欲求を満たそうとする基本的な

心理的行動を表しているものです。

 

第一段階【生理欲求】

→睡眠・食事・排泄

第二段階【安全欲求】

→衣食住

第三段階【社会的欲求(愛情欲求)】

→お父さんお母さんからの十分な愛情

第四段階【承認欲求】

→親・先生・友達などから「褒められる」「認められる」

経験を積み重ね、自信をつける

第五段階【自己実現欲求】

→自己の成長を促し、才能を発揮しながら社会の役に立てようとする

 

この表から言えるのは

子どもの成長・才能発揮はピラミッドの頂点に当たる5段階目の

段階なのです。

 

才能を伸ばすためには、その前の承認欲求が

満たされなければなりません。

承認欲求を満たすためには、愛情が、

愛情を満たすためには、衣食住が、

衣食住を満たすためにはまず、睡眠・排泄・食事

を満たす必要あるんです!!

 

これが子どもたちの才能を伸ばす大前提です!

 

次回は、実際に運動遊びや保育でどのような

関わりができるのかをお伝えいたします!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

 

 

 運動保育士資格認定講座についてはこちら>>>
https://goo.gl/kp6B8T

Facebookはこちら>>>
https://www.facebook.com/npo.undouhoiku/