ヘッダー画像

「怪我防止のため、あえて転ぶことも必要です」脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指す

運動保育士会・こどもプラスの比田井です。

 

近年、転んで手が出せない子や、転ばないように姿勢を

制御することに難しさを抱いている子どもたちが

増えてきているように感じます。

 

単に腕で身体を支える力(支持力)が弱いとい

筋力だけの問題ではなく、目や耳・筋肉から入る情報を

判断し全身の筋肉に命令を出す回路が

出来上がっていない子が増えてきているのです。

 

生後6~7ヶ月くらいのお座りが出来始めた頃の

赤ちゃんを思い出してみてください。

まだ、身体のバランスが上手くとれずに後ろや

左右にコロンと転んでいますよね!?

 

お座りが安定するのは生後8~9ヶ月くらいです。

この時期に、安全な環境下(布団やクッションの上)で

転ぶ経験を重ねることで、どうやって身体を動かせば

転ばないのか、また手をどう出せば転倒から身を守れるのかを

脳が学習していきます。

※この時期にベビーソファーに常にお子さんを

いれておくのはあまりおススメしません。

体幹の弱さ→姿勢の崩れ→不定愁訴・情緒の不安定に

つながる可能性があります。

使い方によってです!

 

最初の内は意識的に身体を動かすので、どうしても動作に移すまで

時間が掛かり、ぎこちなさが出てしまいますが、

何度も反復することで、自動的(反射的)に動作ができるようになります。

例えば自転車です。

始めはバランスを取ることにやっとだったのが、徐々に

意識しなくてもバランスが取れ、ペダルをこぐことも無意識に

できるようになります。

 

私たちが転倒などから身を守るためには、以下の3つが

それぞれ正確に把握できないといけません。

①空間認知(視機能)

空間の奥行・高さ・幅など

②平衡感覚(前庭覚)

自分の身体(頭部)が今どれくらい傾いているのか察知し

身体を真っ直ぐに保つ

③体性感覚(前庭覚+固有覚)

各関節の動き具合や力の入り具合を察知する

 

①・②・③は実際にその傾きになってみたり、

力を入れてみたり、手を伸ばしてみたりしないと

わかりません。

 

実際に自分の体で繰り返し経験することで

自分の体の状態と物の位置や場所を正確につかみ

位置関係を理解していけるのです。

 

「可愛い子には旅をさせろ」ということわざがありますが、

可愛い子ほど、転ぶことも含め様々な経験体験を

させてあげてくださいね!

 

お子さんにとっては、大好きなお母さん・お父さん、

お家から一歩進む、離れるだけでも旅ですから!!

 

 

 

 運動保育士資格認定講座についてはこちら>>>
https://goo.gl/kp6B8T

Facebookはこちら>>>
https://www.facebook.com/npo.undouhoiku/