ヘッダー画像

一度運動嫌いになるとその後運動を習慣にするのが難しくなります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの頃に運動あそびを通して、基礎的な体力や運動能力を

身に付けておくことは、身体面の発達だけでなく精神的な成長や

脳の発達も促すなど、とても大きなメリットがあります。

 

一度運動嫌いになってしまうとその後運動に対して前向きに

取り組むことが難しくなり、大人になっても運動をしない生活に

なってしまう傾向があります。

そうならないためには、小さい頃からたくさん体を動かし、

運動を好きになっておくことがとても重要です。

 

今の子ども達は自分達で遊びを考え出すことがあまり得意では

ない子が多いので、子ども達が夢中になれるような遊びを大人が

提供してあげるのも良いと思います。

そして少しずつ子ども達からアイデアを引き出し、遊びを作り上げて

いく楽しさや経験を増やしていけるように導きましょう。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

「小波跳び」をご紹介します。

大縄跳びの前段階の遊びになります。

 

子どもは大縄跳びの時のように縄の横に立ちます。

足元にはテープなどで四角いマスを作っておき、

その中から出ないように約束します。

そして、縄は回さずに子どもの足元で左右にゆらゆら揺らし、

子どもはその縄に引っ掛からないように跳びます。

ジャンプを繰り返しても、枠の中から出ないようにします。

 

子ども達の中には、その場での連続ジャンプが苦手で

ジャンプの度に動いていってしまう子がいます。

慣れるまでは縄を子どもの動きに合わせて回し、

調整してあげることもポイントです。

縄跳びではその場でのジャンプができることが重要なので、

いろいろな遊びで少しずつできるようにしていきましょう。

 

また、ジャンプをする時は足を閉じた状態で跳ぶことが

大事なポイントになるので、足がバラバラにならないように

膝の間に紙やハンカチを挟んで落とさないように

ジャンプをすると、足を閉じることに意識が向きやすくなります。

 

 

ぜひ、子ども達がやりたくなるような遊びの提供、導入を

しながら繰り返し遊び、大縄跳びの習得につなげていきましょう。