ヘッダー画像

イメージ通りに体が動かせると運動が楽しくなり体力向上にもつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

毎年全国の小中学校で行なわれている新体力テストの結果では、

子ども達の体力の低下は下げ止まり、上昇傾向に向かっているという

意見もありますが、下がるところまで下がったともいえます。

 

また、体力もさることながら「体の使い方がわからない」

「自分の体を使いこなせない」子ども達も増えています。

自分の体がイメージした通りに動かせるようになれば、

運動がどんどん楽しくなり、運動の機会の増加にもつながります。

 

そのためには小さい頃からたくさん体を動かし、

多種多様な経験をしておくことが必要です。

運動は生涯健康な体と心を維持していくために欠かせない

ものなので、子どものうちから好きになり、

習慣付けておけることがとても大切です。

 

今日は、私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「タオルでぶら下がり遊び」をご紹介します。

0.1歳児向けの親子遊びとしてもおすすめの遊びです。

 

タオルを細長く折って、子どもの脇の下と胸を通して

背中の方へ回します。

そして、タオルの両端をしっかり持ってそのまま子どもを

持ち上げ、揺らして遊びます。

 

できる場合はタオルの両端を片手で持って持ち上げ、

子どもの足をもう片方の手で支えて揺らしてみたり、

回したりして遊ぶのもおすすめです。

この時怖がっているようならまだ逆さまになる感覚が育っていないので、

少しずつ遊びの中で段階を踏んで身に付けていく必要があります。

 

まずは体が浮く感覚を楽しみながら遊べることが大事です。

少しずついろいろな感覚を育てて遊びの幅を広げていけるように

1人1人の発達段階や補うべき力を見極め、

運動あそびを提供していきましょう。

 

年齢や発達段階に応じた運動あそびの指導案は

下記から入手できますので、ぜひご活用ください。