ヘッダー画像

筋力がついても逆上がりは出来ない!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

筋力がついても逆上がりは出来ない!?

 

ひたすら、ダンベルや懸垂で上腕二頭筋の力を高めて

逆上がりをお子さんにさせたい!!

これは極端な例ですが、逆上がりに限らず、鉄棒や跳び箱、

縄跳びなどの動きを行なうには筋力面の向上も必要ですが、

それだけでは不十分なんです。

 

では、他にどのような力が必要なのでしょうか?

①筋力面…腕を引きつける懸垂力や体を支える支持力
②感覚面(空間認知)…逆さま、回転、揺れる、関節の曲がり具合、

 力の配分(加減)
③精神面…肯定的な意識(やる気・意欲)

これらの要素を少しずつスモールステップで進んで行くことで

初めて、逆上がりなどの動きを行えるようになります。

 

では、①~③までの力を高めていく為には、どのような関わりが

必要なのでしょうか?

今回は鉄棒の逆上がりを例に説明していきたいと思います!

①筋力面
ジャングルジムや、クマ歩き、ワニ歩き、ふれ合い遊びのしがみつき

などの運動遊びで基礎筋力を高める
②感覚面
基礎動作(お芋コロコロ、ラッコ、ワニなど)や親子運動遊びで

逆さ感覚や回転感覚を乳児期から刺激していく
③精神面
簡単な遊びから取り入れていき、鉄棒に対しての意識を肯定的に

していくと同時に、大人が肯定的な声掛けをする中で自己肯定感・

自信をつけてもらい活動に対する意識向上をさせていく

 

何か、新しい遊びをできるようになってもらいたい!
と思った時に上記の3つの面を意識して遊びを取り入れてみてください!

特に大切なのは③精神面です。

肯定的な意識ができることは運動遊びだけでなく、他の活動や

取り組みにも波及効果を及ぼします。

形ではなく、取り組んだ姿勢・気持ちを尊重し
お子さんの精神面をより良い方向へ向けていきましょう!!

 

 

◆運動保育士資格認定講座についてはコチラ↓
https://goo.gl/Afm2o1

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はコチラ↓
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

 

~すべては子どもたちのために~

運動保育の輪を広げていきましょう!!

 

 

<価格改定の案内> 2017年6月より価格を改定させていただくことになりました。 今後とも何卒弊社資格認定をよろしくお願い申し上げます。
KODOMO-PLUS.JP