ヘッダー画像

状況判断力を運動あそびでしっかり養います。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達は、状況を把握して判断し動くという力が不足気味です。

鬼ごっこでも、ただがむしゃらに走っていては

うまく逃げられないし、友達との衝突事故が多くなり危険です。

常に周りに目を配り、状況を判断し予測して動くこと、

そして素早い身のこなしや方向転換をする能力を

子どものうちから遊びの中でしっかりと身に付けていくことが大切です。

 

こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムでは、現代の子ども達が

身に付けていくべき力の発達を効果的に促していきます。

その運動あそびの中から「スキップの途中で大ジャンプ」

をご紹介します。

 

全員で自由にスキップをします。

途中、笛やタンバリンなどで合図があったら止まり、

「1,2の3!」でその場で大きなジャンプをします。

大きなジャンプをするには、腕振りと足の振り上げが重要です。

 

スキップと大きなジャンプの違いがわかりにくいことが

あるので、最初に指導者がわかりやすく見本を見せてください。

しっかりとイメージを持って行なうことが

上達につながるので、見本の時間は何度か入れると良いです。

 

ジャンプの後の着地でバランスを崩してしまう場合、

足の指先の踏ん張る力、腹筋背筋など体幹の筋力が

弱い傾向にあります。

ジャンプ遊びは体幹を鍛えるのに効果的なので、

足を揃えたジャンプ遊びを日常的に取り入れてみてください。

 

また、スキップの途中で大ジャンプをする時は

指導者は周りの友達と息を合わせることが大事になるので、

周囲を意識する力、社会性も養われます。

まずは楽しくスキップ遊びを楽しめることが大切なので、

少しずつ上達を目指しながら遊びこんでいきましょう。