ヘッダー画像

家庭でのお手伝いが子どもの生活スキル習得につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達は成長と共に生活に必要な様々なスキルを身に付けていきます。

ぞうきんを絞る、ほうきで部屋を掃く、ご飯をよそうなど

生活スキルの多くは実際に経験することでしか

身に付けていくことが難しいものです。

 

学校でも教えてくれますが、早いうちから生活の中で

意識していけば自然と身に付けていくことができ、

子どもの自信や自立にもつながります。

家庭でのお手伝いの機会を増やすことが効果的で

取り組みやすいと思います。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤プログラムの中から

「方向ジャンプゲーム」をご紹介します。

 

指導者は口頭で「前」「後ろ」「右」「左」と指示を出します。
子どもは指示された方向に、両足を閉じたジャンプで跳びます。


最初から4方向だと難しいので、最初のうちは「前と「後ろ」
の2方向だけにして、ゆっくりで良いので一定のリズムで

動けるようにしていきます。

慣れてきたら少しずつスピードをあげてみたり、

「前、後ろ、前、後ろ」だけでなく「後ろ、前、前、後ろ」など

ランダムにしてみる、「前、前、後ろ」と先に伝えて

記憶力を刺激するなどの方法で難易度を調整してみてください。

 

この遊びでは、指導者の声を聞くための集中力や判断力、

そして方向の認識力が養われます。

方向の認識は、普段の生活の中の声掛けなどでも

少し意識するだけで育てていくことができるので、

生活面や運動あそびを通してしっかりと育てていきましょう。