ヘッダー画像

運動が脳のメリハリをつけ集中力を高めるのに最も効果的です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「脳は活性すればするほど良い」と思われがちですが、

そうではありません。

脳が一番活性しているのは、実はパニック状態の時なんです。

パニックを起こしている時は、脳の広い範囲が活発になっている

状態です。

 

私達が何かを集中して行なうためには、脳全体を活発にするのではなく、

それを担当する脳の部分だけが活発に働き、他の部分の活動は

治まっているという「メリハリ」がついていることが大事です。

しかし、このメリハリは自分の意思でコントロールする

ことはできません。

 

そして、脳のメリハリをつけやすくするために効果的なのが、

「運動」です。

体を動かすことで集中力を高め、メリハリのつきやすい脳に

していきましょう。

 

子ども達が運動をする時のポイントは、人にやらされているだけの

運動ではなく、楽しいと感じながら自主的に取り組める運動で

あることがとても大切です。

 

今日は、私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱カンガルー乗り&タンバリンタッチ」をご紹介します。

1段の跳び箱を用意し、その上に両足を閉じて跳ぶ

カンガルージャンプで跳び乗ります。

高さのあるところに跳び乗るので、膝を深く曲げて

両腕を大きく振ってジャンプしましょう。


次に跳び箱からジャンプして降りますが、その時も両足を揃えて跳び、
指導者が持っているタンバリンをタッチしてから着地します。


跳び乗りに慣れていない場合、跳び箱につまづいて転んだり、
足が開いてバラバラのジャンプになりやすいので、

最初のうちは隣で手をつないで行ない、
まずは跳び乗りの練習をしてみてください。

 

慣れてきたら指導者の「1、2」の掛け声に合わせて動けるように
「1」で跳び乗り、「2」で跳び下りる練習をします。
最初はゆっくりめのリズムから始め、少しずつ速くしていきましょう。

掛け声に合わせることで、素早い情報処理力や

リズム感が養われます。

まずはゆっくりで良いので、跳び箱に跳び乗る→目標物を確認する
→両足を揃える→跳ぶ→叩く→着地するという流れの動作を
確実にしていくことを大事にしましょう。

 

また、跳び下りながらタンバリンタッチをするには、自分と

タンバリンの位置を正確に把握し、力加減と姿勢を考えることが必要です。

タンバリンを出す位置は、少しずつ上下左右にずらしたり、
遠くに離したりして難易度調整をしていきます。

 

全員が同じ発達段階や運動能力ということはないので、

同じ動きをやるとしても補助の有無、タンバリンの位置を変えたり

1,2のリズムを変えたり、着地ポイントを決めたりすることで

個々に合ったものを提供してください。

また、目指すところも違ってくると思うので、

声掛けなども1人1人に合わせて行なうことが大切です。