ヘッダー画像

ぬり絵って脳の活性化に良いんです!! 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

ぬり絵って脳の活性化に良いんです!!

少し前に大人のぬり絵がブームになりましたね。

ぬり絵は、元の画と比較したり、異なった色を選んでぬったりする

作業が脳全体を使い、脳全体を活性化させてくれます。

 

主にぬり絵によって活性される部分は
●前頭葉(創造・思考・情緒・意欲を司る)
●運動野(運動の指令を発信する)
●後頭葉(眼で見たものを認識する)
●側頭葉(記憶や聴覚、嗅覚の中枢がある、大脳辺縁系ともアクセスしている)
●頭頂葉(視覚情報から、位置や方向を判断する)
となっています。

これをみると、脳の全体が使われていることが分かりますね!!

 

それでは、それぞれの部位がどのように働いているのか
ご説明いたします!

●前頭葉…色の配色等のぬり方を考える
●運動野…実際にペンや筆で色をぬる
●後頭葉…元の画を見る・見比べる
●側頭葉…大脳辺縁系ともアクセスがあるため扁桃体・線条体と

つながり、やる気(ドーパミン)につながる
●頭頂葉…元の画の状態を覚える

 

ぬり絵は絵を描くことが苦手な小さな子でもキレイな作品を作る

ことが出来、達成感・満足感が得られやすいものです。

達成感・満足感を得られるような活動は、やる気の源ドーパミンの

放出に繋がり、脳へのとても良い刺激となります!!

また、視覚機能(眼球運動)のトレーニングにもなり、

眼の力もUPさせることが狙えます!

 

使っている色や、塗り方でお子さんの心理状態もわかるぬり絵

是非、こんな視点でお子さんのぬり絵を見て見てください!

普段から、自分の意見が中々言えていない、押しつけが多いお子さんは、

黒やこげ茶など暗い色で塗りつぶす傾向があります。
黒は「守りの色」とされている一方で負の象徴・恐怖・孤独・

反抗などを連想させる色とされています。

反対に、様々な色を使いカラフルにしている場合、夢や希望・幸運

といった心理があります。

 

たかがぬり絵に使っている色ですが、
人間は視覚的な情報(色)から影響を受けることが多くあります。

例えば、アメリカの刑務所では壁を一面ピンク色にした結果、

所内の争い事が減少したという研究結果も出ているほどです。

また、塾などのパーテーションや床は青っぽい色が使われている

ことが多いですが、これは青が記憶力向上や集中力をあげる色

とされているからです。

 

私達にとって身近な色!
お子さんがどんな色を好んでいるかで、お子さんの求めている物や

心理状態が分かるかもしれません!

 

 

◆運動保育士資格認定講座についてはコチラ↓
https://www.kodomo-plus.jp/%E8%B3%87%E6%A0%BC%E3%81%AE%E5%…/

◆脳科学や発育発達に関するメルマガ登録はコチラ↓
https://88auto.biz/hiroki1027/touroku/thread34.htm

 

~すべては子どもたちのために~

運動保育の輪を広げていきましょう!!