ヘッダー画像

幼児期から小学校低学年では特定のスポーツよりも多様な運動あそびが必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達に減ってしまっている外遊びには、

走る、跳ぶ、ぶら下がる、投げる、しゃがむなどの

全身を使う実に多様な動きが含まれています。

これらの多種多様な動きを小さい頃から経験してきたかどうかは

その後のあらゆる発達において大きな影響を与えます。

 

今はスポーツクラブなどで特定の運動だけをしている子も

多いですが、幼児期から小学校低学年頃の子どもは、

特定の動きを繰り返して上達を目指すことよりも

多種多様な動作を経験し、心と体、脳の発達を促して基礎力を養い、

生きていくための土台作りをし、その後の発達につなげていくことが大切です。

 

私達こどもプラスでは、柳澤運動プログラムによる運動あそびを

子ども達に提供しています。

子どもの年齢や発達段階に合わせることで、効果的に発達を促します。

 

今日はその運動プログラムの中から「ウシガエルの線路上進み」を

ご紹介します。

まずウシガエルの動きは、足を股関節からしっかり開いてしゃがみ、

両手はパーに開いて真ん中に揃えてついた姿勢から、

手→足→手→足の順番に前に出して進む動きです。

 

このウシガエルの動きを、線路を使って行います。

床に2本のテープなどを、間を20センチほど空けて貼り、

線路に見立てたものを作ります。

子どもはウシガエルの姿勢になったら、顔を前に向けます。

そして両手を線路の中についたら、ジャンプして足は線路の外側につきます。

これを繰り返して線路を進んでいきましょう。

 

手をつく時は指先ではなく手のひらまでしっかりつけて、

跳ぶ時に体重をしっかり支えることができるようにします。

足をつく位置は、手の横か手よりも前につけるように意識します。

この時顔が下を向いていると、前のめりにつぶれてしまうので、

顎を開いておくこと、腕に力を入れておくことを

見本を見せる時にしっかりと伝えてください。

 

また、手と足が一緒にジャンプしてしまう子がいたら、

子どもの後ろ側に回り、両手を持って大きく前に出してあげる

補助をしたり、隣で一緒に動いてあげるとやりやすくなります。

 

ウシガエルの動きでは、腕に全体重を乗せるので腕の支持力が強く育ち、

手と足で別々の動きをすることで協応力も養うことができます。

跳び箱の跳び越しにつながる動きで、今の子ども達に不足している力を

積極的に養うことができる遊びなので、遊びながら繰り返し、

少しずつ着実に力をつけられるようにしていきましょう。