ヘッダー画像

幼児期の逆上がりは、自分の身体とお話をして、出来るようにしていく!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の逆上がりは、自分の身体とお話をして、出来るようにしていく!?

 

幼児向け体操指導などで、鉄棒を握り、後ろから勢いを付けて行う様子を

見たことがある方もいるのではないでしょうか??

このような方法では、子ども達が自分の身体と対話することが

難しくなってしまいます。

 

何故かと言うと、勢いのある逆上がりを行った時に

●思い切り身体を振りあげているが、身体がどうなっているか分からない

●なんとなくやったらできてしまった

●勢いをつけるため力を入れるべき箇所に力が入らない

●思い切り蹴り上げをすると腕が伸びてしまう

 

これらは、子ども達が高速で身体を動かすことでなんとなくできたり、

またはできなかったりする状態になります。

また、成功率も下がり子ども達の中で「できない」という不快感だけが

残ってしまいます。

 

もう一つ、鉄棒の後ろから走り込む時も器用な子どもならば

そのまま真上に蹴りあげられますが、運動経験の少ない子や、

自己の身体を動かし方が分かっていない子どもは、

斜め前に蹴りあげてしまいしっかりと身体を上方へ起こすことが

難しくなってしまいます。

 

そこで柳沢運動プログラムでは、

「懸垂のような逆上がり」を実践しています。

後からの勢いは付けさせていません。

必要なのは、

①身体を一つずつ丁寧に動かせる能力

こちらは、身体と対話する能力と言っても過言ではありません。

②日常会話やコミュニケーションがとれる能力↓↓

・先生の話を聞いて蹴りあげる合図に合わせる

・先生が提示した目標物を蹴りあげる

・脚が蹴りあげた時に先生が「腕を曲げて」と言った指示を理解し実行する力

③精神と身体の静止

・蹴り上げ前のスタート姿勢では、視線と身体を完全に止めます。

この時に身体が動くと蹴りあげた瞬間に腕が伸びてしまいます。

鉄棒上方の目標物を見続けることで、顎を閉じることができます!

視線が泳いだり一瞬でもキョロキョロすると顎が開いたり

合図に合わせられません。

 

上記3点のことができていれば、かなりの高確率で逆上がりができます。

この時、普段落ち着きや集中力が低かったり、精神的粘り強さが弱い

子ども達は、上記の事項が満たされていないので出来る確率は低くなります。

また、この逆上がりができる子ども達は、側転・跳び箱・大縄跳びなど

あらゆる遊びを器用にこなすことができます。

そして、コミュニケーション能力の向上や精神的な粘り強さや

身の回りのことが分かるなど総合発達を見ることができます。

 

つまり柳沢運動プログラムとは、

脳(前頭前野)の特性を最大限に引き出す運動遊びなのです。

では、どのような指導で出来るようになるのか。

これは、柳澤秋孝教授が提唱される通り

「日々の運動遊びの積み重ね」が必要となってきます。

積み重ねるには、「たのしさ」「おもしろさ」を付加させていくことが大切です。

強制されて押し付けられた動きでは、子ども達にとって悪影響に

なってしまうかもしれません。

日々のちょっとした時間に入れ、習慣化していくことで、無理なく

取り入れていくことが可能になりますよ!!

 

 

自動代替テキストはありません。