ヘッダー画像

幼児期の体罰で〇〇行動のリスクが1.6倍にも増える!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

幼児期の体罰で〇〇行動のリスクが1.6倍にも増える!?

 

悪いことをした時に、叩いてしつけると約束を守れない、

話を聞けないなどの行動につながることが分かっています。

これは、東京医科歯科大学の藤原武男教授とハーバード大学の

イチロー・カワチ教授らが、厚生労働省が出している

「21世紀出生児縦断調査」の2001年生まれの2万9千人分の

データを使い、3歳半時点でのお尻を叩く等の体罰の有無が5歳半に

成長した時の行動にどのような影響があるか調べたものです。

 

調査の結果、なんと
3歳半時点で体罰を受けていた子どもは、全く体罰を受けていなかった子に

比べて、5歳半の時の
●「落ち着いて話を聞けない」という行動のリスクが1.6倍
●「約束を守れない」という行動のリスクが1.5倍
●「我慢が出来ない」という行動のリスクが1.5倍
●「集団行動ができない」という行動のリスクが1.5倍
にもなったことが分かりました。

軽度の体罰でもリスクは増え、体罰が頻繁に行われるほどリスクは高く

なっていったことが分かっています。

 

子どもへの体罰は世界約50カ国で法的に禁止されており、決して

肯定できるものではありません。

ただ、現在の働き方や家庭環境、労働時間等で中々お子さんと

向き合うことが出来なかったり、関われない方がいるのも現実です。

「問題行動があるからお尻を叩かざるを得ないのでは無いか?」

という疑問も浮かんでくるかもしれません。

しかし、認知行動療法の3つの箱や、ペアレントトレーニング、

ティーチャーズトレーニングなどで行動の捉え方を変えていくだけでも、

子どもに対する対応も変わってきます。

 

好ましくない行動も、捉え方次第では、好ましく素敵な行動に

変えることが可能です。

「〇〇したら××できないよ!」という交渉はマイナスに働くことが多いです。
「〇〇して、××で楽しいことしよう!」とプラスに働きかける内容の

声掛けに変えるだけでも、違いはあります。

 

また、先日放送された櫻井翔さん主演の「先に生まれただけの僕」で

取り上げられていた「ペップトーク」を使って見るのもおススメですよ!