ヘッダー画像

幼児期には「おりこうさん脳」の発達を促す働きかけが大切です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達の脳みそは、産まれてから小学校入学の6歳頃までの間に

急速に発達し、ほぼ完成するといわれています。

そのため、乳幼児期にどれだけ脳に良い刺激を与えてあげるかで

その後の能力には差がでてきます。

 

特に「おりこうさん脳」とも呼ばれる大脳新皮質の発達を促すことが

とても大切です。

まだ言葉が出ていなくてもたくさん言葉をかけてあげたり、

外で体を動かして遊びながらいろいろな体験、経験をさせてあげることで

普段の生活の中でも多くの刺激を脳に送ることができます。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムでも

子ども達の心と体と脳の発達を、効果的に促していくことができます。

今日はその運動あそびの中から「合図ダッシュ」をご紹介します。

 

子ども達はスタートラインに並び、かけっこの準備姿勢を取ります。

そしてスタートの合図があったら一斉にゴールに向かって走ります。

ゴールラインは通り抜けずに、線の上でピタッと止まるようにしますが、

勢い余って壁に激突することがないように、壁から離れた位置に

ラインを引くようにしてください。

 

スタートの合図は、笛を拭いたりタンバリンを鳴らす、手叩き、

「よーいドン」といった掛け声などで行ないます。

慣れてきたら事前に決めておいたキーワードで指示を出してみます。

その時「よーいスタート」を「よーいスカンク」と言ったりして

時々ひっかけを入れてみると盛り上がり、

子ども達の聞く力や語意力なども養えます。

 

合図で素早く反応して動くためには、合図を出す指導者に意識を向け、

集中して聞こうとする姿勢が必要になります。

遊びながら繰り返すことで、人の話に意識を向けて聞く力や集中力が

しっかりと身に付きます。

 

また、スタートの時の姿勢を体操座りやうつ伏せにして、

合図が合ったら素早く立ち上がってダッシュするなどの遊び方にすると

体を起こす際の柔軟性や機敏性、瞬発力なども養っていくことができます。

 

 

まずは体を動かすことの楽しいと感じることができるように、

発達段階に合った遊びの提供、子どもの興味をひく導入方法や声掛けなどで

工夫し、何より大人も一緒になって楽しむことがとても大切です。

寒い時期ですが、ぜひ一緒に体を動かして遊んでいってください。