ヘッダー画像

0歳1歳からの運動あそびがおすすめです。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

脳の神経細胞の数は、産まれたばかりの赤ちゃんの時にすでに

140億個存在していますが、最初は神経細胞同士のつながりがまだ

出来上がっていません。

その後、幼児期の数年の間に脳は外界からの様々な刺激を受けて

神経細胞同士のつながりを増やし、より強固なものにしていきます。

 

そのため、効果的に脳を育てるには赤ちゃんの頃からの

五感からの刺激や運動による刺激がとても重要です。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムは、

0.1歳の頃から取り入れることができる運動あそびプログラムです。

その中から逆さまになる感覚を養う遊びをご紹介します。

 

まず子どもを抱っこして、両足を大人の骨盤の上辺りに回します。

大人の左手は子どものお尻、右手は首の辺りを支えたら

子どもをそのまま前に倒していき、逆さまの状態にしてみます。

 

慣れないうちは怖いかもしれないので、大人も体をくっつけて

一緒に前に倒れてあげるようにしてください。

これを何度か繰り返したら、一緒に体を倒した後、大人だけ

体を起こして離れてみます。

この時怖がっていなければ、顎が開いて両手はバンザイの状態になります。

もし怖がっていると、顎は閉じて体が丸まってこわばった状態になります。

 

怖がっている場合には、まだ逆さまの感覚が身についていないので、

繰り返しこのような遊びをやってあげてください。

少しずつ逆さまの状態に慣れて、自分の力で後ろに倒れることも

できるようになってきます。

 

小さいうちから遊びとして楽しく取り入れることで、

無理なく様々な力を身に付けていくことができるので、

ぜひ0歳・1歳の小さいうちからの運動あそびを取り入れてみてください。