ヘッダー画像

子どもの脳を育てるのは勉強よりも体を動かす楽しい体験です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

乳幼児期は、脳の神経ネットワークが著しく発達する時期で、

5歳までに脳機能の8割ほどが完成するとされています。

そこで、脳の発達が著しい0歳から5歳頃までにより発達を促す働きかけ、

取り組みをしていくことが大切です。

また、脳も筋肉と同じように使わなければ衰えていってしまうので、

日常的に脳に良い刺激を与え続けることがとても大事なことです。

 

脳を育てるためには、幼児教室に通わせて勉強をさせることよりも、

五感を刺激したり、体を動かして楽しく好奇心を刺激できるような体験を

より多く経験させてあげることが必要です。

 

こどもプラスでも、そのことを大事にしながら運動あそびを提供しています。

今日は、私達が提供している柳沢運動プログラムの中から

「足抜き回りでポーズを決める」をご紹介します。

 

鉄棒に両手でつかまり、膝をかけて逆さまにぶら下がります。

そこから膝を離して回転し、両足で着地をしたらポーズを決めます。

 

勢いよく回転してしまうと着地でバランスを崩しやすくなり、

落下や肩の脱臼などの怪我のリスクも上がります。

ゆっくり回転をコントロールしながらできるように、

顎を開いて床の着地場所を見て回るように見本を見せながら伝えます。

 

ただ、わかっていても楽しくなると勢いをつけたくなるので、

着地ポイントにフープを置いておき、その中に着地をするようにします。

そうすると声掛けをするよりも効果的に、下を見てゆっくり回ることが

意識できるようになり、身体コントロール力や空間認知力、

抑制力なども身に付けていくことができます。

もし、腕の力などが足りなくて回転をコントロールできにくい場合は、

少し支えてあげるような補助をしてあげてください。

 

また、着地後にポーズを決めることを覚えておくのも大事です。
ポーズは、指定したポーズでも自分の好きなポーズでも良いです。

ピタッと止まる着地と、その後のポーズ決めまで意識して

かっこよくできるようにしてみてください。