ヘッダー画像

子どもの食生活の乱れは日常生活への影響や心身の発達にも悪影響があります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近の子ども達の食生活は、様々な問題があると指摘されています。

食の変化は子ども達の体にダイレクトに影響を与えます。

加工食品やファストフードなども、両親の共働きや子どもも塾や習い事で

忙しい現代では多少は仕方がないかもしれませんが、

それが日常的になってしまうと、成長期の子ども達の体には

大きな影響が出てきます。

 

最近では子どもの生活習慣病や生活習慣病予備軍も珍しくありません。

乱れた食生活は、落ち着きのなさや集中力の低下、キレやすくなるなど

日常生活や学習面、対人関係などの問題にもつながります。

 

栄養バランスの整った食生活、早寝早起きで規則正しい生活リズム、

適度な運動など、基本的な生活習慣を子どものうちにしっかりと

身につけておくことがとても大切なことです。

 

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している

柳澤運動プログラムから「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。

 

床に縄やテープなどで1本線を用意しておきます。

子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きの姿勢から

片方の足を後ろに持ち上げて、両手と片足で歩く片足クマ歩きで、

この線の左右に手足をついてジグザグに進んでいきます。

 

 

まず手をついたら、足を振って横跳びをしながらジグザグに進みます。

 

手足が線に当たらないように進んでいきますが、線に意識を

向けすぎると顔が下に下がって体が丸まってしまうので、

 

顎を開いて前を向いて歩くように声掛けをしていきます。

 

腕の支持力が弱いと顔から転んでしまったり、

腹筋背筋が弱いと着地でバランスを崩して転んでしまうので、

子ども達の様子を見ながら提供することが大切です。

また、重要なのが足をつく位置です。

地で足をつく位置が悪いと次のジャンプの時に踏ん張りがきかず、

縄を踏んでしまったりしてうまく進めません。

ゆっくりで良いので、1回1回のジャンプを確実にできるようにします。

 

苦手な子がいたら、腕の支持力が弱いのか、腹筋背筋が弱いのか、

足の蹴り上げる力が弱いのかなど、その子の補ってあげるべき力を

しっかりと見極め、それを補う遊びを取り入れながら1つ1つステップアップ

していけるように運動あそびを提供してみてください。