ヘッダー画像

適度な運動には脳の認知機能、集中力、記憶力を高める効果もあります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動をすることが心身の健康につながるということは

すでに広く知られていることですが、

「脳の認知機能を高める」というのも運動の効果の1つです。

 

この場合の運動の強度は、ゆっくり走ったり速く歩く程度の

中強度の運動であることがポイントになります。

子どもでは、楽しい自発性の伴う遊びによって頭の情報処理の

スピードがとても速くなり、運動後の集中力や記憶力があがります。

 

学力向上にもつながることなので、子ども達には日常的に

体を動かす機会を取り入れていくことが大切です。

また、より効果を高めるためには、運動の後に少し体を止める時間を

設け、その後に学習に向かうという流れが最もおすすめです。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

 

まず床に2本の縄やテープで線路を作ります。
足を開いてしゃがんだら、両手はパーに開いて線路の中につきます。
そして、手はついたままで線路の右側に両足一緒にジャンプをし、
続いて線路の左側にまた両足でジャンプをします。
それから最初の位置にまた両足ジャンプで戻ったら、
最後に足を開いてウシガエルの姿勢で前に跳びます。
この動きを1セットとして繰り返しながら、前に進んでいきます。

 

この遊びでは体幹の筋力や腕の支持力を養うことができ、
体の動きをコントロールする力も育てることができます。
そのため、この動きが素早くできるということは、自分の体を自分で
コントロールする力がついているということになります。

 

反対に、スムーズに進めない場合はまだ力が十分についていないので

この後ウシガエルの動きでスピードをつけた時に

顔から転んでしまう可能性が高くなります。

補助につくかどうかの目安にもなるので、力がついてきたら

ぜひやってみてほしい動きです。


最初はゆっくりで良いので、1つ1つを確実に行なうことを大事に

していきましょう。