ヘッダー画像

現代人は平安時代の人の一生分の情報量を1日で得ている!? 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

現代人は平安時代の人の一生分の情報量を1日で得ている!?

 

近年の携帯やパソコンの進化で、我々の生活は劇的に変化しました。

家に居ながら、世界中の最新情報を簡単に手に入れることが出来ますし、

欲しいものは、ボタン一つで何でも手に入ります。
行きたい所も、VRで家で体験できます。

ありとあらゆる情報が、TV、ネット、携帯、雑誌など様々な媒体から入ってきます。

 

現代人が1日に得ている情報量は、江戸時代の人の1年分と言われています。

平安時代の人に当てはめるとなんと一生分の情報量を1日で

取り込んでいると言われています。

ただ、その全ての情報を的確に処理しているというわけではありません。

人間の脳のキャパにも限界があります。

現代の人間は情報過多となり、脳が情報を処理しきれず

オーバーヒートしているそうです。

多すぎる情報は脳にとってストレスとなり、自律神経系の乱れを生じさせます。
自律神経は、情緒だけでなく身体と深く関係しているため、

不定愁訴となり表われます。

 

子どもにとって、様々な情報に触れるのは、確かに大切です!
ただ、その量が多くなり過ぎてしまうのは、反対に子どもの脳に負荷を

掛け過ぎてしまう可能性があります。

多すぎる情報を処理しきれないと、脳は思考を止めます。

例えば、保育園の先生が、機械工学の専門の話を聞くとします。

初めて聞く専門用語の数々、ワーキングメモリーのキャパの関係で

7語くらいまでなら記憶させようとしますが

(昔電話番号が7ケタだったのはこれが理由らしいです)

あまりに数が多すぎると聞くのを止めたいと又は止めませんか?

これは、脳が情報を処理しきれないと判断したため、

考えるのを止めるようにシフトチェンジしているのです。

 

例えば、数時間TVを見せっぱなしや動画サイトの視聴など、

ゲームもそうですが、ダラダラとやらせっぱなしはNGです。

切り離すのは、子どもにとっても苦痛ですし、難しいのが現実です。

ですので、やる時間・クリア目標だけ決めてその時間内に本気で

行うように促してあげてください。


「〇〇分以内は、ゲーム本気で頑張りな!」と!
子どももこう言われれば、どう進めていこうかなど決められた制限内で自ら考えます。