ヘッダー画像

効果的な褒め方で子どものやる気やモチベーションを高めることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子どもの成長にとって「褒められる」という経験が何よりも大切に

なりますが、ただ褒めればいいというものでもありません。

よくありがちなのが、「すごい!」や「頭いいね」といった褒め言葉を

かけてしまいがちですが、能力や結果だけを褒めたり

抽象的な褒め方だとあまり効果がありません。

 

結果だけでなくそこまでの過程や努力の姿勢、熱意などを褒めてあげると

次へのやる気につながり、例え失敗してしまってもくじけずに

またどんどんと挑戦していくことができるようになります。

ぜひ、子ども達への声掛けを少し意識してみてください。

 

今日は、こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムの

運動あそびの中から「いじわる回転縄跳び」をご紹介します。

 

床にビニールテープなどで四角をかいておき、子どもはその中に

入ったら、はみださないように約束します。

そして、その四角の中で大縄跳びを跳びますが、

ジャンプの時に体を一回転させます。

さらに、いじわる縄跳びなので時々途中で縄を止めます。

縄が止まったらジャンプはしません。

 

床の四角からはみ出さないように回転ジャンプをしながら、

縄の位置を把握し続けることが大切です。

回転ジャンプに意識を向けすぎると縄が止まったことに

気付けなかったり、縄にばかり意識を向けていると、足元の

四角からはみ出してしまいます。

 

リズム良く跳ぶ、一定の場所で跳ぶ、回転する、縄の動きを見て

タイミングを合わせる、という複数の動作を組み合わせることで、

体を器用に動かす力や柔軟な思考が身に付きます。

 

苦手な子は縄を一回転させずに足元で左右に揺らす小波跳びから

始めたり、回転ジャンプを一回転ではなく90度の回転にする、

縄を子どものジャンプに合わせて回すようにするなどのやり方で、

1人1人に合わせて少しずつ上達できるようにしていきましょう。