ヘッダー画像

運動指導では良い見本だけでなく悪い見本を見せることも重要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達に運動あそびの指導を行なう時、まず最初に遊び方やルールの

説明をし、見本を見せることが多いと思います。

この時、良い例を見せるまではやっても、なかなか悪い例までは

やらないことがありますが、良い見本と悪い見本の両方を見せるのがポイントです。

その理由は、悪い例を見せることで危険防止の効果があるからです。

そして、悪い例を見せる時は指導者が行ない、少し大げさに

ポイントがわかりやすいように見せましょう。

 

良い見本は、子どもにやってもらうのがおすすめです。

その時前に出てやってもらう子は、普段大人しくてあまり目立たない子、

運動の時間にあまり活躍できない子を選ぶのもポイントです。

みんなの前で成功体験をし、褒められることで自信を持つことができます。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから、

「クマの姿勢で足じゃんけん」をご紹介します。

 

子ども達は2人ペアになり、向かい合ったら

四つんばいから膝とお尻を上げるクマさんの姿勢になります。

そして顔を上げて相手を見たら、タイミングを合わせて足じゃんけんをします。

 

目線を相手の方に向け、両手は固定して足だけを動かすので、

体を器用に動かす力や空間認知力が育ちます。

足のグーチョキパーをはっきり出せないとできないので、

最初にグーチョキパーの練習をしてから行なうようにします。

 

両腕で体を支えながら、足をジャンプして持ち上げるので

腕の支持力や腹筋背筋といった体幹の筋力、バランス力が育ちます。

また、この動きで上半身と下半身の連動性が高まるので、

鉄棒や跳び箱、側転などの上達にもつながります。

 

ペアを変えたり他の遊びと組み合わせたりしながら繰り返し遊び、

相手に合わせる社会性もしっかりと育てていきましょう。