ヘッダー画像

運動不足や生活リズムの乱れで疲れやすい子どもがとても増えています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今、「疲れやすい子ども」がとても多くなっています。

特に疲れることをしたわけでもないのに、すぐに「疲れた」という

言葉が出て、歩くのも遊ぶのもやめてしまったりします。

 

疲れやすい原因も様々ありますが、運動不足や不規則な生活はその代表です。

朝早く起きてしっかり朝ごはんを食べ、日中は思いっきり体を動かして遊び、

夕ご飯はお腹を空かせた状態で栄養バランスの良いものを食べ、

夜は早く寝るといった規則正しい生活がとても大切です。

 

成長期の子ども達が心身共に健康に過ごせるように、

特に早寝早起き、朝ごはん、日中の運動を心がけていきましょう。

 

こどもプラスでは、子ども達の発達を促す運動あそびを提供しています。

今日はその運動あそびの中から「つま先ダッシュ」をご紹介します。

 

子ども達はつま先立ちで、足音をできるだけ立てないよう静かに走ります。

走っている時も、ゴールした後もかかとが床につかないようにします。

 

静かに走るためには、小股で膝の曲げ伸ばしをうまく使うなど

いくつかポイントがありますが、最初から教えるのではなく

子ども達にどうしたら音を立てずに走れるのか

意見を出してもらいながら引き出すのもおすすめです。

 

このつま先ダッシュでは、足の指先で地面を蹴る力や土踏まずの

発達を促すことができます。

今はこの指先の力や土踏まずが未発達な子が多く、

バランスがとれずに転びやすかったり、歩き方がぎこちなく

ロボットのような動きになっている子、そのために疲れやすい子が多くいます。

 

こうした遊びの中で足裏をしっかり刺激して発達を促し、

日常生活での動作の向上や怪我の予防につなげていきましょう。