ヘッダー画像

子どもの頃の運動による自信が子どもの才能を伸ばすことにつながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

子ども達にとって運動はできた方が良いけれど、例え走るのが遅くても、

跳び箱や縄跳び、逆上がりができなくても、大人になって困ることはないから

できなくても良いと思われる方もいると思います。

しかし、運動会のかけっこで1位がとれた、友達より速く逆上がりや

跳び箱ができるようになった、ということは子ども達にとっては

大きなステータスになり、自信になります。

 

こうした運動によってつけた自信は、運動のみならず勉強や音楽、

絵画など得意な才能を伸ばすことや、

良好な人間関係を築くことにもつながっていきます。

 

日々の活動の中で子ども達が自信を持ち、自己肯定感を高めながら

成長していくことができるように促していきたいと思います。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの中から

「平均台障害物渡り」をご紹介します。

 

平均台の上に、3つ~4つのカップを間を空けながら設置します。

子どもは1人ずつ、この障害物に当たらないように気をつけながら、

平均台の上をつま先歩きで渡っていきます。

 

障害物に当たらないように歩くことで、障害物の位置を正確に捉えて

歩幅を合わせて歩くので、空間認知力や身体コントロール力が養われます。

背すじを伸ばして、両手を広げて歩くと安定して進めます。 

 

慣れてくると子ども達はスピードをつけたがりますが、

落下のリスクが増すだけでなく1つ1つの動きが疎かになってしまいます。

それを防ぐために、指導者は新聞紙を丸めて作った剣を持ち、

渡っている子どもの頭の上をスイングさせます。

子どもはその剣に当たらないように、頭を低くして避けながら

障害物渡りをしていきます。

 

この動きをプラスするだけでスピードが自然に抑えられて

リスクを下げながら難易度を上げることができます。

そして、強いバランス力や身のこなしの上達で

日常生活での怪我を防ぐことにもつながっていくので、

いつも子ども達の様子をよく見ながら、より良い運動あそびを

提供できるようにしていきましょう。