ヘッダー画像

自分をコントロールする能力は運動によって育てることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

現代の子ども達は、自分で自分をコントロールすることができず、

キレやすかったり体を止めてじっとしていることが苦手

という子がとても多くなっています。

 

実は脳の司令塔と呼ばれている前頭前野という部分が体に

「ゴー」「ストップ」の指令を出すことで

体を動かしたり止めたりしていますが、

この指令を出す能力が低下している子どもや若者が増えています。

 

この能力を養うには体を動かすことが最も効果的です。

子どもなら遊びの要素を含んだ運動あそびが最適です。

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムから

「跳び箱の跳び下りタンバリン両手タッチ」をご紹介します。

 

1段の跳び箱と2つのタンバリンを用意します。

指導者が跳び箱の前に2つのタンバリンをかざし、子どもは

跳び箱の上からジャンプして、その2つのタンバリンをそれぞれの手で

同時にタッチしてから着地をします。

着地では足を揃えてピタっと止まれるようにしましょう。

 

タンバリンを出す位置が跳び箱から離れていたり、

2つのタンバリンが左右に離れすぎていると難しくなります。

タンバリンをタッチすることばかりに気をとられて

着地でバランスを崩してしまうことがあるので、

最初は跳び箱の近くで左右のタンバリンを近めにして行います。

 

この遊びでは、高所感覚やバランス感覚、全身のクッション性を養い、

複数のことに同時に意識を向ける力を育てることができます。

 

中には苦手でなかなかうまくできない子もいます。

高いところが苦手なのか、体幹が弱いのか、

跳びながら他のことの意識を向けるのが難しいのか、

個々の不足している力を見極めて、その部分をいろいろな遊びで

補っていけるようにしましょう。