ヘッダー画像

子ども達の経験不足が基礎レベルの力の不足や怪我の増加につながります。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

昨今では、「子どもの体力・運動能力は下げ止まった」という評価も

ありますが、下がるところまで下がってしまったという考え方もあります。

 

 

また、速く走ることはできてもまっすぐに走れていなかったり、

鬼ごっこなどの走る遊びでブレーキをかけることができず、

壁や人と衝突してしまうという子も多くなっています。

 

走るのが速いと一見運動能力は高そうに見えますが、

周りを見ながら動いたり、体をコントロールする力は不足していて、

経験不足などから危機回避能力も育っていないといえます。

 

こうした基礎的な力は、本来子どもは外遊びなどから身に付けてきましたが、

現代の生活環境では自然に身につけることは難しくなっています。

子ども達の体を怪我から守り、心や脳の発達も促せるよう

小さい頃からの運動あそびが必要とされています。

 

 

私達こどもプラスが提供している運動療育プログラムの中から

「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

 

平均台の上に横向きに乗り、足を開いてしゃがみます。

両手は顔の横まで上げ、カニのはさみのようにチョキにしたら、

背すじを伸ばしてつま先立ちで横歩きをしていきます。

 

つま先立ちでのしゃがみ横歩きは、かなりのバランス力、

つま先の踏ん張り力が必要になります。

前向きに歩くアヒル歩きよりも難易度が高くなるので、

最初から平均台の上ではなく、平地で練習してから行いましょう。

 

 

さらにこの状態で、手をチョキにして顔の横で固定すると

よりバランスを取る力が必要になります。

手を維持することに気を取られてなかなか進めない場合は、

手は下ろしても良いので、まずは横歩きに集中できるようにしましょう。

また、バランスが取りにくい子には、必要に応じて

手をつなぐ補助をしてあげてください。

 

この遊びでは、バランスをとるために全身の筋力調整をします。

この筋力調整が上達すると、普段先生の話を聞く時に体を静止させて

聞くことができるようになったり、運動の場面で体を器用に動かすことも

できるようになってきます。

 

日常生活に活かすことができ、今の子ども達に不足している力を

たくさん育てることができる運動あそびを、ぜひ日常的に

取り入れていってほしいと思います。