ヘッダー画像

子ども達の日常的に体を動かす習慣作りには大人の意識改革も必要かもしれません。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

 

子ども達は日ごろの経験や体験から、そのやり方やコツを掴み、

できることを増やしていきます。

何事も、経験していないことが最初からうまくできるなんてことは

 

なかなかありません。

運動も同じです。

 

日ごろの体を動かす習慣があれば、体は自然と鍛えられます。

ただ、今の子ども達はなかなか日常的に体を動かすことが

できない環境の中で生活しています。

大人が意識的に体を動かせる環境、機会を作ってあげることが

必要になっていると思います。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動あそびプログラムから

「トンネルくぐりワニ」をご紹介します。

 

子ども達は2人組みになり、じゃんけんをします。

じゃんけんに勝った人は、その場で足を開いてトンネルを作ります。

負けた人は、そのトンネルの中をうつ伏せで這って進む

ワニ歩きでくぐり抜けます。

 

ワニ歩きは、うつ伏せで胸までしっかり床につけ、

両手を交互に前に出して体を引き付けるようにして進みます。

腕の力だけで進めない場合は、足を付け根から大きく開いて膝を曲げ、

足の指先で地面を蹴りながら進むようにします。

このワニ歩きで、腕の引き付ける力や、股関節の柔軟性が養われます。

 

トンネルをくぐる時は、途中で姿勢を高くするとぶつかって

トンネルの子が転んだりして危ないので、しっかりくぐり抜けるまで

低い姿勢で行なうように伝えます。

最初に指導者が見本を見せる時に、最後まで低い姿勢で進む良い見本と

途中で頭を上げてトンネルにぶつかる悪い見本の両方を

わかりやすく見せておくのがポイントです。

 

慣れてきたらトンネルを作る時の姿勢を変えてみたり、

じゃんけん列車のようにつながっていき、

長いトンネルをくぐれるようにしたりアレンジしながら

繰り返し楽しく遊んでみてください。

 

子ども達のコミュニケーション力も刺激することができて

とてもおすすめです。