ヘッダー画像

手先の器用さを身に付けるには体の大きな筋力の発達が必要です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近は便利な生活環境や、家庭でのお手伝いの減少などから

手を使った動作がとても減っています。

ひもを結ぶ、雑巾を絞る、蛇口をひねるなどの動作が減り、

何をするにもボタン1つでできてしまったりするので

手先の不器用な子が多くなっています。

 

子どもの体の発達は、体の中心の大きな力から発達していくので、

まずは体幹や肩、腕の大きな筋力から育てていくことが必要です。

 

日常的に全身を動かす遊び、

腕に力を入れて押したり引っ張ったりする遊び、

指先まで意識を行き渡らせる手遊びなどを取り入れてみてください。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「片足クマの通院」をご紹介します。

 

まずは片足クマに変身します。

四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、

片方の足を後ろに上げます。

 

この片足クマの姿勢で、でこぼこした足場の悪い道を歩きます。

でこぼこの道は、マットの下に積み木や丸めたタオル、

棒などの障害物を入れて作ります。

 

不安定な足場の上を転ばないように片足クマで歩いていくことで

強いバランス力が育ち、毎回手をつく位置を考えながら進むことが

必要になるので、先を読む力や体の動きをコントロールする力も育ちます。

 

競争ではないので、ゆっくり転ばないように進み、顔は下を向かず

顎を開いて進行方向を見るように声掛けします。 

 

コースの長さをマットを2~3枚つなげて長くしたり、

コースにアレンジをしたりしながら繰り返し遊び、

体幹の筋力や腕・足の力をしっかりと育てていきましょう。