ヘッダー画像

運動あそびで子どもの社会的スキルの向上を促すことができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

今の子ども達の生活は、家庭でも学校でも放課後でも

コミュニケーションをとる機会が減り、社会の中で生きていくのに必要な

社会的スキルを身につけにくくなっています。

普段から家の中で体を動かさずに1人で遊んでいたり、

 

 

核家族化や少子化、地域社会との関わりの減少などから

人とコミュニケーションを取る機会がとても少なくなっています。

 

子ども達が社会の中で人とうまく関わりながら生活していけるように、

できるだけ人とコミュニケーションをとれるような

機会を増やしてあげることが必要です。

 

こどもプラスでは、子ども達の社会性・コミュニケーション能力などを

積極的に養っていくことができるように運動あそびを提供し、

子ども達が社会の中で生きていくのに必要な能力を

楽しく体を動かすことで育んでいけるように心がけています。

 

私達が提供している柳澤運動プログラムの中から

「クマの足スキップ」をご紹介します。

 

まずは四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢になり、

顔を上げて前を向きます。

手はついたままで動かさずに、足だけでスキップの練習をします。

指導者は「1,2,1,2」の掛け声や手拍子をしてあげると、

子ども達がリズムを取りやすくなります。

ゆっくりで良いので、足スキップの動きを練習していきましょう。

 

その場での足スキップがスムーズになったら、次はゆっくり前に進みます。

前に進む時には、手は「1,2,1,2」のリズムですが

足は1回に3歩進むリズムになります。

そのため、頭の中で手の動きと足の動きに別々に意識を向けて

動かす必要があります。

速く進もうとすると大人でも難しいくらいなので、

ゆっくりで良いのでリズムを大事にして行なっていきましょう。

 

慣れてきたら、円のコースやジグザグのコースを進んでみたり、

リレー形式で競争したりしながら遊び、

腕の支持力やバランス力、2つのことを同時に行なう力、リズム感、

身体コントロール力などを高めていきましょう。

 

上手な子に見本を見せてもらったり、上手に行なうコツを

話し合ってみたり、チーム分けをした遊びにすることなどで

子ども達の社会性の発達やコミュニケーション力向上を促すことができます。

子ども達に合った遊び方で、繰り返し楽しく遊んでみてください。