ヘッダー画像

日常的な運動で記憶力が上がり学習効率を高めることができます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

運動が集中力や記憶力を高めるということは、

最近では広く知られるようになりましたが、

体を動かして筋肉を動かすと、末梢から頭の中枢に刺激が入ります。

前頭前野の背外側部と言われている部分で、

運動をするとここが集中できる状態になります。

 

この時の運動の強度は、少し速く歩くか、とてもゆっくり走る程度の

軽い運動で十分です。

軽い運動を10分程度行なうと、落ち着きを持つことができ、

集中力が増して記憶力が良くなります。

それによって学習効率が上がるので、

ぜひ、運動と学習の組み合わせを意識していってほしいと思います。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムの

中から「ポイントジャンプ」をご紹介します。

 

A4サイズのマットやダンボールなどを滑らないようにして

複数用意し、間隔を空けて床に飛び石のように配置します。

 

まずはこの上を両足を閉じたジャンプで渡っていきます。

ポイント同士の間隔をランダムにすることで、

ジャンプの度に頭の中で動きのシュミレーションが行なわれ、

跳ぶ距離や力の入れ具合を瞬時に計算することが必要になり、

空間認知力が向上します。

 

また、どの道順でジャンプしていけば速く渡れるかや、

着地でどんな体勢をとればスムーズに連続ジャンプができるかなど

様々なことを考えることで、先を読んで動く力も育ちます。

 

慣れてきたらポイントに複数の色をつけて、

あ「青と黄色は乗っても良いけど、赤は爆弾だから乗ってはダメ」と

乗って良い色といけない色を指定したり、

「赤と青を交互に」「赤→黄色→青の順番で」「赤を3回の後、青を2回」

など少しずつ複雑に色の指示を出しながら遊んでいきます。

 

指示の難易度を上げるだけでなく、着地で音を立てないことや、

一定のリズムでジャンプしていくことなども意識しながら

できるようにし、少しずつレベルアップを目指していきましょう。