ヘッダー画像

自分を抑制する「ブレーキ」の働きが弱い子ども達が増えています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

私達人間の脳には、欲求を満たすための「アクセル」の働きと、

その欲求を抑制する「ブレーキ」の働きがあり、

行動や感情をコントロールしています。

 

将来のために努力したり、自分を抑制してコントロールができるのは

人間だけが持っている能力です。

しかし、最近はこの「ブレーキ」の働きが弱い人が増えてしまっています。

 

「アクセル」の働きをする部分は、本能なので生まれた時から備わっていますが、

「ブレーキ」の働きをする部分は、生まれつきその能力が

発達しているのではなく、成長発達の過程で育っていきます。

子どもの頃からの体験や経験を通して学んでいくことで

大人になってから「アクセル」と「ブレーキ」を上手に

使いこなすことができるようになるのです。

 

そして、この「アクセル」と「ブレーキ」の能力を発達させるために

効果的なのは「運動すること」です。

小さいうちから思いっきり体を動かして遊び、

多種多様な経験ができるようにしていきましょう。

 

こどもプラスで提供している柳澤運動プログラムは

子ども達の体・心・脳の発達を促していきます。

今日はそのプログラムの中から「ジグザグスキップ」をご紹介します。

 

床にビニールテープ等で幅のあるジグザグコースを作り、

その中をスキップで進んでいきます。

コースからはみ出さないように進むには、
ジグザグのコースをしっかり視覚で捉えながら

全身の動きをコントロールする必要があります。

そのため、集中力、空間認知力、先を読む力、身体コントロール力など
多くの力が必要になり、体を器用に動かす巧緻性も高まります。

また、スキップは、腕を振るタイミングとジャンプのタイミングを

合わせながら一定のリズムで進む動きなので、一度に複数のことに

意識を向けなければならず、とても頭を使う動きです。

 

今の子ども達には苦手な子も多いので、

簡単なギャロップの動きから行ない、
スキップ遊びが十分に上達してから取り入れましょう。

 

また、最初はコースの幅を広めにとり、徐々に幅を狭くしたり

広い場所と狭い場所を作る、他の動作を組み合わせるなど

少しずつ難易度を上げてみてください。

 

スキップで競争や鬼ごっこをするだけでも、かなり抑制力を

養うことができるのでとてもおすすめです。