ヘッダー画像

運動不足で日常生活に支障が出ている子ども達も多くなっています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

近年の子ども達の中には、体や関節の硬さ、バランスの悪さなど、

高齢者に見られるような運動機能の低下があります。

 

日常生活での「歩く」「しゃがむ」といった動作もスムーズに

行なうことができなかったり、少しの高さからジャンプしただけで

足首を骨折したり、体育の時間に跳び箱を跳ぼうと手をついたら

手首を骨折してしまうというような事例もあります。

 

やはり、一番の原因は「運動不足」です。

昔のように子ども達が自由に体を動かして遊べる機会は

減っているので、日ごろから体を動かす習慣をつけるために、

まずは大人が意識していくことが大切です。

 

今日は、こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「コウモリで積み木拾い」をご紹介します。

 

 鉄棒に両膝をかけて逆さまにぶら下がり、「コウモリ」に変身します。

安定したら両手を離し、下に置いてある積み木から

指示された物を拾って、前にいる指導者に手渡します。

 

指示は、「ピーマンの色の積み木」や「赤い三角の積み木」

「赤と青以外の丸い積み木」などいろいろな指示を出していきます。

積み木を拾う時や渡す時、体を起こす必要があり背筋が養われます。

 

積み木を置く位置を鉄棒から離したり、指示の出し方の工夫で

様々な難易度調整ができます。

 

 

この遊びで、逆さまの感覚、腹筋背筋、イメージ力、判断力、

語彙力などたくさんの力の発達を、遊びながら促すことができます。

 

得意な子は長い時間でもできてしまいますが、苦手な子もいるので

長時間行なわないこと、補助につき、落下した時に備えて

積み木を子どもの真下には置かないことに気をつけます。

 

安全に、楽しく能力アップを目指していきましょう。