ヘッダー画像

学業成績と運動の関係は様々な調査で明らかになっています。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「運動ができる子どもは、勉強もできる。」

「成績の高い子は日常的に運動をしている。」ということが

様々な調査や研究からわかっています。

 

適度に体を動かした後には脳の血流が良くなり、

集中力がアップした状態になります。

学習の効果をより高めるためには、ひたすら机に向かうのではなく

運動とうまく組み合わせることが大事です。

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「合図で逃げる」遊びをご紹介します。

 

まずはマットなどで逃げる場所を設置します。

子ども達の人数や年齢、その日の様子によっては、

スタート位置から逃げる場所が直線上にあった方が、衝突が

防げるので安全です。

 

子ども達はスタートラインに立ち、指導者の合図の言葉があったら

素早く逃げる場所まで移動します。
合図は「よーいドン!」「1,2,3!」「鬼だー!」などの言葉や、

「手を2回叩いたら」「タンバリンが鳴ったら」などで

事前に決め、子ども達にしっかり確認しておきます。

慣れてきたら、より聞く力や集中力、判断力、語彙力を養うように
「よーいドン!」を「よーいバン!」にしてひっかけたり、
手を2回叩くところを1回にしたりしてみましょう。

また、逃げる場所を色違いのマットなどで2箇所用意して、

どちらに逃げるかをその都度指定する方法もおすすめです。

合図を聞いたら、素早く反応して動くことがポイントです。

素早く移動できるように、指導者が鬼になって後ろから

追いかけるととても盛り上がります。

ただ、興奮しすぎて怪我につながる可能性もあるので、

その日の子ども達の様子などに合わせた対応が大切です。

 

こうして体を動かした後、数分おいてから課題や制作など

静かな活動を取り入れると、驚くほど集中力が上がりますよ。