ヘッダー画像

【ビデオの紹介】縄越えカンガルー


縄越えカンガルーの遊びを紹介します。


縄越えカンガルーは、カンガルーに変身して、縄を跳び越えていく

遊びになります。


早く進むことに意識が行くと、縄を踏んでしまったり、足が揃わず

バラバラになりやすかったりするので、一度縄の前で立ち止まってから

落ち着いて跳び越す事で正確な動きができるようになります。

縄越えカンガルーが苦手なお子さんへは、大人が子どもと手を繋いで

一緒に跳んであげるようにします。



縄越えカンガルーをする前に準備体操としてロケットジャンプなど

遊びを取り入れると、足を揃えた大きなジャンプがしやすくなります。


体重移動が上手にできてくると、「ドスン!ドスン!」と力の入った

ジャンプから、「ぴょんぴょん」とスムーズなジャンプへと跳び方が

変わってきます。


また、一定間隔に配置した縄を止まらずに跳んでいくことで、

リズム感や先を見通す力を伸ばすことができます。



先を見通す力は、自分の行動や相手の動きを見据えて動く力になります。

例えば鬼遊びをしているとき、魚の群れの様にぐるぐる回るのではなく、

鬼や逃げている人の動きを見ながら先回りをして行動するために、

周囲の動きを予測し、自分の動き方を考える力のことです。

ぶつからないように相手の動きに合わせて自分の方向を変えるなど

危険回避にも繋がります。



この遊びは先を見通す力のほかにも、縄跳び遊びに必要な跳躍力・

つま先の力・身体の連動性・空間認知力などが養えます。


縄越えカンガルーに慣れてきたら、縄を少し揺らしてあげることで、

より縄跳びに近づく遊びになります。


縄越えカンガルーの紹介動画もありますので、

以下のURLから是非ご覧ください!

https://www.youtube.com/watch?v=IseAuAzQfKo&feature=youtu.be