ヘッダー画像

股関節の硬さは子どもの体にも多くのデメリットをもたらします。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

「股関節」の柔軟性は、普段の生活の中で意識することは

あまりないと思います。

股関節は、立つ、歩く、走る、しゃがむといった日常の動作に

大きな役割を果たしています。

 

この股関節が硬くなると、私達の体には多くの悪影響が出てきます。

・しゃがめない

・姿勢が悪くなる

・怪我をしやすい

・太りやすい

・腰痛になりやすい

などのことが、子ども達にも起こってきます。

 

現代の生活環境では、歩いたりしゃがんだりする機会も減り、

股関節が硬くなっている子ども達が増えています。

小さいうちから全身をよく動かして、怪我をしない健康な体作りが

できるように導いていきましょう。

 

 

私達こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「ウシガエル」をご紹介します。

足を横に大きく開いてしゃがみ、手をパーに開いて足の間に揃えてつき、

足の順番で前に出して進んでいく動きです。

 

子ども達は、動いていくうちに手足という動きが

できなくなってしまうことがあります。

その場合は2本の縄を使って線路を作り、まずは線の中に手をつくこと、

足は線の外に大きく開いたパーでついて進むように教えていきます。

 

どうしても手と足が一緒に動いてしまう子がいたら、

跳ぶ時の手と足の位置を見てあげてください。

手と足が一緒にジャンプしてしまうのは、手と足の位置が近いということ

なので、子どもの前に行って、手を前に持ってきてあげるようにします。

そして、手を前についたら、足をキックするために体重を1回後ろに

下げるように伝えて、「1.2の3」で跳びます。

 

ウシガエルは跳び箱につながる動きなので、手と足の距離を広げて、

足はしっかりと股関節から開くようにすることが大切です。

 

また、足の先が開いていても股関節が開いていない内股気味の子は、

しゃがんでから足を開こうとするとうまく開けないので、

先に足をがに股にして大きく開いてからしゃがむというやり方で

やってみてください。

 

慣れてきたら、道具を使ってアレンジをしたり、競争したりしながら

繰り返し楽しく遊べるように工夫していきましょう。