ヘッダー画像

幼児期は基本的な生活習慣を身に付けておく大切な時期です。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

 

子ども達の心身の発達や学習に向かう力、何事にも意欲的に

取り組める力などを小さいうちから養っていくためには、

基本的な生活習慣を身に付けておくことが大切になります。

 

就学前までの幼児期のうちに、早寝・早起き・食事のリズムを整え、

その後の伸びしろを大きくしていきましょう。

そして、運動の習慣をつけて心身の発達や脳機能の向上を

促すことも、幼児期においてとても大切なことです。

 

楽しく体を動かす運動あそびで、子どもの育ちを促していきましょう。

 

こどもプラスが提供している柳澤運動プログラムから

「電車クマさん」をご紹介します。

床にビニールテープなどで2本の線を引きます。

2本の線の間は、25~30cmほど空けるようにして

線路に見立てます。

 

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢で

その線の上だけに手足をついて歩いていきます。

右の手足は右の線の上、左の手足は左の線の上です。

 

線路から落ちないようにバランスをとりながら歩くことで、

腹筋背筋が刺激され、バランス力が身につきます。

また、足は見えない位置で動かすので、

空間認知力やボディイメージを高めることにつながりますが、

足は特に線から落ちやすくなります。

最初に見本を見せながら、ゆっくりで良いので線路から落ちないように

慎重に歩くことを伝えます。

 

見本を見せる時は、上手な見本の他に、下手な見本を少し大げさに

見せると、子ども達はイメージがしやすくなります。

また、「線路の下は崖だから落ちないようにね!」など

落ちないことを意識できるような設定、声掛けも効果的です。

 

子ども達からの意見も取り入れながら、楽しい遊びにアレンジし、

継続して取り組めるようにしていってください。