ヘッダー画像

幼児期の運動あそびで運動にも勉強にも役立つ「集中力」が養われます。 脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子どもの学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。

 

最近、子どもの集中力がないという保護者の声が多くなっています。

勉強でも運動でも、集中できないと上達につながらず、

日常生活の中でも問題が出てくる可能性があります。

 

そもそも集中力はもともとある才能ではなく、

後から伸ばしていく能力の1つです。

子どもの集中力はそんなに長く持続できるものではありませんが、

幼児期にしっかりその土台を作っておくことで

自分で集中力をコントロールすることができるようになってきます。

 

ただ、自然に子どもが身につけられるわけではないので、

大人のサポートがとても重要になります。

 

運動も、集中力アップにとても効果的です。

私達こどもプラスが提供する柳澤運動プログラムは

楽しい運動あそびで頭と体をしっかり使いながら、

幼児期に必要な様々な能力を養っていくことができます。

 

その運動あそびの中から「つなわたりで積み木拾い」を

ご紹介します。

 

まず、大縄を少しクネクネさせながら床に置きます。
大縄の周りには、複数の積み木をばらまいておきます。
子どもは縄の上を綱渡りのように落ちないように歩きながら、
指導者に指示された積み木を拾います。

最初は、「積み木を3つ」など数だけの指定をします。

 

縄から落ちないようにバランスをとりながら、
積み木を拾うために立ったりしゃがんだりするので、
足の指先に力を入れて踏ん張る力が育ち、

バランス力アップにつながります。

 

慣れてきたら数の指定だけでなく色や形を同時に指定したり、
「手前から3つ目の赤い積み木」「縄の右側にある青い積み木を2つ」

など、少し複雑な指示も出していきましょう。

 

バランス力や足の指先の踏ん張り力の他に、
集中力、記憶力、複数のことを同時に行なう力など
日常生活に役立つ多くの力を身に付けていくことができます。

 

短い距離、単純な指示から始め、自信をつけながら少しずつ

レベルアップを目指して遊んでみてください。