ヘッダー画像

親子運動遊び講座開催! 脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上

脳科学で子供の学力・体力・運動能力の向上を目指すこどもプラスです。
小諸市教育委員会主催 運動遊び講座開催!
 
跳び箱・鉄棒・縄跳び・マット
それぞれの種目別に4講座開催しました。
 
ひたすら技を行うのではなく、ふれ合い遊びや、動物遊びで基礎になる力をつける遊びを取り入れ、
後半の少しの時間だけ実際の鉄棒などの遊具を使って、遊び方やコツなどを伝授させていただきました。
 
みなさんは、各種目で必要になる力をご存知ですか?
 
・鉄棒・・・「懸垂力+支持力+回転感覚+逆さ感覚」
・跳び箱・・・「支持力+跳躍力」
・縄跳び・・・「跳躍力+動体視力」
・マット・・・「支持力+回転感覚+平衡感覚」
 
これらの要素を年少~年中~年長と段階的に継続して取り入れていくことで、子どもたちは気が付いたら動きができるようになるんです!
 
各年齢の発達に合わせ遊びを取り入れていくことが大切です。
 
年長さんで1カ月間でいきなり年少~年長の遊びを詰め込むだけでは、動きができてくるお子さんもいるかもしれませんが、必ず途中で嫌になってくる子が出てきてしまいます。
 
柳沢運動プログラムでは、年少~年長でそれぞれの学年に合った遊びを体系的に取り入れていくことで楽しみながら身体を動かす楽しさを感じていくことが出来ます。
 
文部科学省では平成24年3月に幼児期運動指針を提示し、幼児期に必要な動きや体力・運動能力を獲得してくよう関係機関に促しています!
・文部科学省HPより
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/undousisin/1319771.htm
 
子どもたちの身体・心・脳を育てる身体遊びを日々の中にちょこーーーっと入れてみませんか?
 
はじめから1日60分間入れるのは難しいと思います。
 
ほんの少しのことから入れてみてください^^!